• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「闇の平蔵」逢坂剛著

 火付盗賊改・長谷川平蔵が、手先のりんを連れて市中見回り中、八辻ケ原で騒ぎに遭遇する。若侍が父のあだ討ちをするところだった。聞くと、新三郎と名乗った若侍に父の敵・西上伊賀之助と名指しされた男は、人違いと抗弁していたが、やがて伊賀之助であることを認め、2人は翌夕、王子の飛鳥山で決着をつけることで話がまとまる。

 平蔵は2人のやりとりに不審を抱き、伊賀之助を尾行。りんには新三郎の後をつけさせる。しかし、2人とも途中で相手を見失ってしまう。翌日、飛鳥山で平蔵の部下らは噂を聞きつけ押し寄せた野次馬にまぎれて警戒。予想に反して伊賀之助が現れるが、なぜか当の新三郎が姿を見せない。(「飛鳥山」)

 鬼平ファンも納得の平成の平蔵シリーズ最新刊。(文藝春秋 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る