「紙の城」本城雅人著

公開日:

 夜、後輩記者らと酒を飲んでいた東洋新聞社会部次長の安芸に、同期の総務部長・柳から連絡が入る。IT企業のインタラクティヴに買収を仕掛けられた親会社のアーバンテレビが、自社株を取り戻すために、保有する東洋新聞株を引き渡すことになったというのだ。インタラクティヴの会長・轟木の狙いは初めから東洋新聞のようだ。しかし、轟木がなぜ斜陽産業の新聞に目を付けたのか、その意図が分からない。情報収集を始めた安芸は、轟木の側近に元東洋新聞の記者だった権藤という男がいることを知る。安芸らは、インタラクティヴによる買収を阻止すべく、徹底抗戦するが……。

 誇りを胸に戦う新聞記者を描いた長編エンターテインメント。(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る