• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「紙の城」本城雅人著

 夜、後輩記者らと酒を飲んでいた東洋新聞社会部次長の安芸に、同期の総務部長・柳から連絡が入る。IT企業のインタラクティヴに買収を仕掛けられた親会社のアーバンテレビが、自社株を取り戻すために、保有する東洋新聞株を引き渡すことになったというのだ。インタラクティヴの会長・轟木の狙いは初めから東洋新聞のようだ。しかし、轟木がなぜ斜陽産業の新聞に目を付けたのか、その意図が分からない。情報収集を始めた安芸は、轟木の側近に元東洋新聞の記者だった権藤という男がいることを知る。安芸らは、インタラクティヴによる買収を阻止すべく、徹底抗戦するが……。

 誇りを胸に戦う新聞記者を描いた長編エンターテインメント。(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

もっと見る