「タイムボックス」アンドリ・S・マグナソン著、野沢佳織訳

公開日:  更新日:

 世界が経済危機に陥る中、シグルンのパパはテレビで宣伝していたタイムボックスを入手。経済危機が去ったら扉を開くと設定して、家族3人が3つの箱に入る。シグルンが目を覚ますと、両親はまだ箱の中にいた。シグルンは彼女の目覚めを待っていたかのように立っていたマルクスに連れられ、グレイスの家に行く。街中は森に覆われ、動物たちが行き交っている。グレイスの家には子供たちが集まっていた。グレイスが見せてくれた壁画にはガラスのような箱に入った少女が描かれていた。彼女はパンゲア国の王女で、この世界にかけられた呪いをとく方法がこの王女の物語にあるという。グレイスは、子供たちに王女の物語を語って聞かせる。「時間」をテーマに描く長編ファンタジー。(NHK出版 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る