「四月になれば彼女は」川村元気著

公開日: 更新日:

 物語はボリビアのウユニ塩湖から届いた1通の手紙から始まる。かつての恋人ハルからの9年ぶりの便りを受け取った藤代俊は、1年後に結婚式を控えている。しかし、婚約者の弥生も自分もかすかなわだかまりを抱えつつ式の準備を進めていた。そこへ突然舞い込んだハルの手紙。藤代は、新入生のハルが初めて大学の写真部に飛び込んできた4月のことを思い起こす。それから12カ月、時を置いて、旅先のハルから手紙が届き、かつての思い出と現在の弥生との関係が交錯しながらつづられていく。

 ハルはなぜ今になって手紙をよこしたのか。さしたる不満も不都合もなく同棲を続けている藤代と弥生が、互いに結婚にもうひとつ積極的になれないのはなぜか。一時はあれほど確かなものに思えた「愛」がいつの間にか心もとないものになってしまうのはなぜか……。「世界から猫が消えたなら」の著者が、サイモンとガーファンクルの名曲を通奏低音として、永遠の愛が不可能なことを知りつつも、愛の奇跡を追い求める男女の切ない思いを描き切る。(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード