• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「四月になれば彼女は」川村元気著

 物語はボリビアのウユニ塩湖から届いた1通の手紙から始まる。かつての恋人ハルからの9年ぶりの便りを受け取った藤代俊は、1年後に結婚式を控えている。しかし、婚約者の弥生も自分もかすかなわだかまりを抱えつつ式の準備を進めていた。そこへ突然舞い込んだハルの手紙。藤代は、新入生のハルが初めて大学の写真部に飛び込んできた4月のことを思い起こす。それから12カ月、時を置いて、旅先のハルから手紙が届き、かつての思い出と現在の弥生との関係が交錯しながらつづられていく。

 ハルはなぜ今になって手紙をよこしたのか。さしたる不満も不都合もなく同棲を続けている藤代と弥生が、互いに結婚にもうひとつ積極的になれないのはなぜか。一時はあれほど確かなものに思えた「愛」がいつの間にか心もとないものになってしまうのはなぜか……。「世界から猫が消えたなら」の著者が、サイモンとガーファンクルの名曲を通奏低音として、永遠の愛が不可能なことを知りつつも、愛の奇跡を追い求める男女の切ない思いを描き切る。(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る