「不愉快な相手を手なずける技術」レオ・マルティン著、シドラ房子訳

公開日: 更新日:

 職場や家庭にも態度行為によって人々を恐怖に陥れる〈感情爆発テロリスト〉はいる。彼らを挫折させるためにはどうしたらいいか。

 人は誰でも自分の観点から世界を見ている。相手の観点を取り入れることができれば、感情爆発テロリストの特異な行動を個人的に受け止めることはなくなる。著者はかつてドイツ連邦情報局に勤めていたが、情報員はどんなときも相手の観点を取り入れることができるという。例えば、かんしゃく持ちには「あなたが腹を立てる原因は、正確に言ってこの事態のどこにあるんですか?」と尋ねて巧妙に相手のテンションを低下させるなど、心理的ダメージを防ぐためのテクニックを伝授。(CCCメディアハウス 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る

人気キーワード