「不愉快な相手を手なずける技術」レオ・マルティン著、シドラ房子訳

公開日:

 職場や家庭にも態度行為によって人々を恐怖に陥れる〈感情爆発テロリスト〉はいる。彼らを挫折させるためにはどうしたらいいか。

 人は誰でも自分の観点から世界を見ている。相手の観点を取り入れることができれば、感情爆発テロリストの特異な行動を個人的に受け止めることはなくなる。著者はかつてドイツ連邦情報局に勤めていたが、情報員はどんなときも相手の観点を取り入れることができるという。例えば、かんしゃく持ちには「あなたが腹を立てる原因は、正確に言ってこの事態のどこにあるんですか?」と尋ねて巧妙に相手のテンションを低下させるなど、心理的ダメージを防ぐためのテクニックを伝授。(CCCメディアハウス 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る