「探検家、40歳の事情」角幡唯介著

公開日: 更新日:

 不惑を迎えたときに思い出したのは10年前の胸のうち。あのときは、惑いに惑っていたと振り返る。当時は新聞記者になって3年目で仕事にも慣れ、人生は順調に推移していたが、そのすべてを捨て探検家になるか悩んでいたからだ。それから10年、探検家として日々を送りながら、結婚して子供もでき、決断することがなくなり、人生に惑うことがなくなった。だが、不惑を迎えた直後、突然、妻が縁もゆかりもない鎌倉に家を買うと言いだした。

 その顛末を語る「不惑」をはじめ、北極圏での冒険の後日譚をつづった「母牛の怨念」など、誰も真似できない人生を生きる著者の日常と、冒険のこぼれ話を開陳する、探検家がつづったエッセー集。(文藝春秋 1250円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る