• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「探検家、40歳の事情」角幡唯介著

 不惑を迎えたときに思い出したのは10年前の胸のうち。あのときは、惑いに惑っていたと振り返る。当時は新聞記者になって3年目で仕事にも慣れ、人生は順調に推移していたが、そのすべてを捨て探検家になるか悩んでいたからだ。それから10年、探検家として日々を送りながら、結婚して子供もでき、決断することがなくなり、人生に惑うことがなくなった。だが、不惑を迎えた直後、突然、妻が縁もゆかりもない鎌倉に家を買うと言いだした。

 その顛末を語る「不惑」をはじめ、北極圏での冒険の後日譚をつづった「母牛の怨念」など、誰も真似できない人生を生きる著者の日常と、冒険のこぼれ話を開陳する、探検家がつづったエッセー集。(文藝春秋 1250円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

もっと見る