「奇跡の醤」竹内早希子著

公開日: 更新日:

 2011年3月11日、陸前高田の老舗醤油蔵八木澤商店九代目・河野通洋は、避難した高台の神社から倉庫が津波で崩れるのを見た。調達した原料を運び入れたばかりだった。醤油屋の命であるもろみも蔵も失い、工場再建には億単位の借金が必要だ。絶望する父に通洋は「小さくてもいいから、醤油屋で復活する」と宣言する。だが、岩手県産の丸大豆、国産小麦を使い、伝統的な製法で自慢の〈生揚醤油〉を造ろうにも、もろみがなくてはどうしようもない。そんなとき、北里大学の研究所に保管されていた試験管1本分のもろみが見つかった。

 被災した醤油蔵の再生のドキュメント。(祥伝社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る

人気キーワード