「組長の娘 ヤクザの家に生まれて」廣末登著

公開日: 更新日:

 祖父が関西の有名な博徒の家に生まれた茂代(仮名)は、天真爛漫な少女時代を過ごしていたが、小学3年で組長だった実父が蒸発。中学を出たころから、ケンカに明け暮れる毎日を送るようになり、覚醒剤にも手を出し、執行猶予付きの判決を受ける。

 心を入れ替え、21歳で結婚して2人の子どもにも恵まれ何の不満もない暮らしをしていたのだが、麻薬の売人と知り合ったことから人生を転落、4年半を刑務所で過ごす。出所後、相談相手としてかつての仲間たちの人生に寄り添う彼女の侠気あふれる生き方に圧倒される。

 犯罪社会学者が調査で出会った組長の娘の波乱の半生を聞き書きしたノンフィクション。(新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る