「生き返るマンション、死ぬマンション」荻原博子著

公開日:  更新日:

 国内の中古マンションは623万戸を超え、そのうち築30年以上のマンションは162万戸を数えるという。築40年、50年を超えると建て替えが必要になってくるが、建て替えが成功したケースは、これまでわずか1万6600戸しかないそうだ。そうした中古マンションの現実を取材したリポート。

 住宅政策の転換によって販売戸数が急増した90年代後半に購入したものの、ローンの支払いと資産価値の低下に苦しむ人などの現状を紹介。

 さらに老朽化・荒廃化していくマンションや、耐震偽装事件を経て建て替えられた再生マンション、そして築40年が過ぎても資産価値が上がり続けているマンションなど。実例を取り上げながらマンションをお宝に変える方法を具体的に解説する。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る