「生き返るマンション、死ぬマンション」荻原博子著

公開日: 更新日:

 国内の中古マンションは623万戸を超え、そのうち築30年以上のマンションは162万戸を数えるという。築40年、50年を超えると建て替えが必要になってくるが、建て替えが成功したケースは、これまでわずか1万6600戸しかないそうだ。そうした中古マンションの現実を取材したリポート。

 住宅政策の転換によって販売戸数が急増した90年代後半に購入したものの、ローンの支払いと資産価値の低下に苦しむ人などの現状を紹介。

 さらに老朽化・荒廃化していくマンションや、耐震偽装事件を経て建て替えられた再生マンション、そして築40年が過ぎても資産価値が上がり続けているマンションなど。実例を取り上げながらマンションをお宝に変える方法を具体的に解説する。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る