「生き返るマンション、死ぬマンション」荻原博子著

公開日: 更新日:

 国内の中古マンションは623万戸を超え、そのうち築30年以上のマンションは162万戸を数えるという。築40年、50年を超えると建て替えが必要になってくるが、建て替えが成功したケースは、これまでわずか1万6600戸しかないそうだ。そうした中古マンションの現実を取材したリポート。

 住宅政策の転換によって販売戸数が急増した90年代後半に購入したものの、ローンの支払いと資産価値の低下に苦しむ人などの現状を紹介。

 さらに老朽化・荒廃化していくマンションや、耐震偽装事件を経て建て替えられた再生マンション、そして築40年が過ぎても資産価値が上がり続けているマンションなど。実例を取り上げながらマンションをお宝に変える方法を具体的に解説する。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る