「増補 へんな毒 すごい毒」田中真知著

公開日:  更新日:

 砂糖も塩も、身の回りに存在するあらゆる物質は毒になりうる。トリカブトが漢方では強心や利尿作用を持つ薬として用いられるように、毒か薬かの違いは、物質の性質の問題ではなく、人間側の用い方の問題であるという。そんな奥深く、複雑な毒の世界を案内するサイエンスエッセー。

 一口に毒といっても、トリカブトのような植物由来から、毒蛇などの動物由来、細菌やウイルスなどの微生物由来、鉛や水銀などの鉱物に含まれるものと、その種類はさまざま。こうした天然毒の他に、青酸カリなど人間が化学的に合成した人工毒もある。そんな基礎知識から、悪性脳腫瘍の薬として期待が集まるサソリ毒など、それぞれの毒の特徴などを解説した知的好奇心をくすぐる刺激的な書。(筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る