「増補 へんな毒 すごい毒」田中真知著

公開日:  更新日:

 砂糖も塩も、身の回りに存在するあらゆる物質は毒になりうる。トリカブトが漢方では強心や利尿作用を持つ薬として用いられるように、毒か薬かの違いは、物質の性質の問題ではなく、人間側の用い方の問題であるという。そんな奥深く、複雑な毒の世界を案内するサイエンスエッセー。

 一口に毒といっても、トリカブトのような植物由来から、毒蛇などの動物由来、細菌やウイルスなどの微生物由来、鉛や水銀などの鉱物に含まれるものと、その種類はさまざま。こうした天然毒の他に、青酸カリなど人間が化学的に合成した人工毒もある。そんな基礎知識から、悪性脳腫瘍の薬として期待が集まるサソリ毒など、それぞれの毒の特徴などを解説した知的好奇心をくすぐる刺激的な書。(筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る