• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「その後の慶喜大正まで生きた将軍」家近良樹著

 最後の将軍・徳川慶喜の長い余生にスポットを当てた歴史読み物。

 慶応3(1867)年、大政奉還を高く評価された慶喜だが、鳥羽伏見の戦いで一転して立場は朝敵に。32歳で謹慎生活に入り、大正2年に77歳で没するまでその余生は45年に及んだ。暇を持て余した慶喜は、毎日のように銃猟や投網に出かけ、謡や能、小鼓、油絵、囲碁将棋、ビリヤード、刺繍、そして写真にといそしんだ。最晩年には自動車まで乗り回していたらしい。2人の側室との間に21人もの子をなした。その家庭人としての慶喜の素顔を紹介。

 一方で明治30年代に入り、復権を果たすまで、常に朝敵の立場を意識し、元幕臣らによる卑怯者との烙印に耐え続けたその胸の内に迫る。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る