「100歳まで脳は成長する記憶力を鍛える方法」加藤俊徳著

公開日: 更新日:

 脳は、体の中で一番寿命が長い器官で、120歳まで生きる力を持っており、100歳まで成長するという。50歳くらいまでは、確立時期。それ以降は脳全体を使うステージに入り、深く理解して考える力、人間力などを生かすことによって脳は伸びる。さらに物事や知識を総合的に扱えるようになる「操れる脳」へと向かっていく。加齢による物忘れも、脳のすべてが衰えてしまったのではなく、ごく一部が老化した結果。それは40歳を過ぎてから、記憶にかかわる脳の「海馬」を積極的に鍛える機会が減るからだという。逆に80、90歳になって初めて使いこなせる脳もある。

 脳の秘密を解き明かしながら、そのトレーニング法を紹介する健康ハンドブック。(PHP研究所 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  7. 7

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る