「100歳まで脳は成長する記憶力を鍛える方法」加藤俊徳著

公開日:

 脳は、体の中で一番寿命が長い器官で、120歳まで生きる力を持っており、100歳まで成長するという。50歳くらいまでは、確立時期。それ以降は脳全体を使うステージに入り、深く理解して考える力、人間力などを生かすことによって脳は伸びる。さらに物事や知識を総合的に扱えるようになる「操れる脳」へと向かっていく。加齢による物忘れも、脳のすべてが衰えてしまったのではなく、ごく一部が老化した結果。それは40歳を過ぎてから、記憶にかかわる脳の「海馬」を積極的に鍛える機会が減るからだという。逆に80、90歳になって初めて使いこなせる脳もある。

 脳の秘密を解き明かしながら、そのトレーニング法を紹介する健康ハンドブック。(PHP研究所 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る