「フランクル『夜と霧』への旅」 河原理子著

公開日: 更新日:

 ユダヤ人精神科医ヴィクトール・フランクルがナチスの強制収容所での過酷な体験をつづった名著「夜と霧」。

 フランクルは作品を通し「人は運命に翻弄されるだけの存在ではなく、不条理を引き受け、運命に対してどんな態度を取るか決める精神の自由がある」と説いた。多くの日本人を支えてきたこの書が、どのように読み継がれてきたかに迫ったルポルタージュ。

 西ドイツの本屋で原著と出合い、翻訳者として日本に伝えた霜山徳爾や、生前のフランクルと親交があった心療内科医の永田勝太郎、そして震災後を生きる被災地の人々まで、作品から「生きる意味」を見つけ出した人々を取材。作家の人生にも迫りながら、その思想の源に迫る。(朝日新聞出版 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  9. 9

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  10. 10

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

もっと見る