• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
白石あづさ
著者のコラム一覧
白石あづさ

日本大学芸術学部卒。地域紙の記者を経て約3年間の世界放浪へと旅立つ。現在はフリーライターとして旅行雑誌などに執筆。著書に「世界のへんな肉」「世界のへんなおじさん」など。

レディー・ガガもびっくりの奇抜な髪形

「マリー・アントワネットの髪結い」ウィル・バショア著 阿部寿美代訳

 世界を旅できても時代は旅できない。フランスで訪れたベルサイユ宮殿は豪華だったが、18世紀の全盛期をのぞいてみたかった。本書では上京し世界一の髪結いを目指すレオナールが見た宮殿の中が書かれているが、派閥に嫉妬、三角関係や見えの張り合いと、ぶっ飛んだ女子高のようで面白い。

 そんな狂った世界を持ち前の愛嬌と櫛一本で泳いでいくレオナール。最初は伯爵夫人に取り入り、次に王様の妾、そしてついにアントワネット専属の髪結いにまで上り詰める。レオナールを有名にしたのは、顎から1メートルの高さまでうずたかく巻き上げ、ダチョウの羽を3本突っ込んだレディー・ガガもびっくりの髪形だ。

 今まで誰も見たことがない、雲がかかる中国の山水画のような奇抜な頭は大絶賛され、調子に乗って、次は火のような色のリボンをからめた“彗星ヘアスタイル”でアントワネットを劇場に送り出す。

 それも一晩でセンセーションを巻き起こし、スカーフやリボン、宝石、ケーキやタルトまで彗星大ブームがパリに到来するのである。そんなばかな。何か裏があるに違いないと思いきや、実は劇場の中にレオナールが協力者を仕込み、髪形を大声で褒めちぎらせていたのだ。それってステマじゃないか! 

 ノッポでド派手な髪形ブームはとどまるところを知らず、サクランボをつつくオウムやアフリカの少年などのろう人形を髪に練り込む人もいれば、船の模型を頭に載せる軍人の妻も出現。未亡人に至っては骨壺を髪の中に埋め込んだというから、もはや動く墓場である。

 しかし、アントワネットが国民を巻き込んでぜいたくに突き進んでいる間に人気は失墜。現在の文春砲だろうか、「王妃に5人の愛人」というスキャンダラスな冊子も出回り窮地に陥っていく。後半は髪結いの仕事はどこへやら、レオナールの命をかけた007も顔負けの王妃救出大作戦だ。ベッキーの不倫も叶姉妹のゴージャスも、すべてが小粒に見えるこの一冊、長いけれどぜひ読んでいただきたい。(原書房 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る