白石あづさ
著者のコラム一覧
白石あづさ

日本大学芸術学部卒。地域紙の記者を経て約3年間の世界放浪へと旅立つ。現在はフリーライターとして旅行雑誌などに執筆。著書に「世界のへんな肉」「世界のへんなおじさん」など。

絶海の孤島上陸のためクライミングジム通い

公開日:  更新日:

「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」川上和人著 新潮社 1400円+税

 朝からうちの出窓に飛来するハトたち。ポッポ、ポッポと騒ぎ立て、白いフンをプイプイまき散らす。どうにか撃退したいと、テクノを大音量で流してみたらクルックー!! とノリノリで逆効果だ。

 そんな謎に満ちた鳥の生態を日夜、解き明かすために奔走している鳥類学者の生態をつづった本書を一気読み。山中を徘徊し、いつザックリやられるか分からない武闘派の熊学者や虎学者と違って、南国で極彩色の鳥を片手に気弱にほほ笑むイメージがあったのだが、その実態はロビンソン・クルーソーも顔負けのアドベンチャーそのものである。

 著者の川上氏は、主に小笠原諸島の鳥たちを観察しているのだが、時には絶海の孤島へも上陸する。南硫黄島・死闘登頂編を読んでみよう。島へ上陸するためには船から泳いで上陸せねばならず、さらに10メートルの垂壁を登らないとならない。研究する前にプールやクライミングジムに通い、自宅から職場までジョギングして体力をつける。

 調査隊には死亡時5000万円の生命保険をかけられ、救急救命講習を受け、神社で神頼みをして無事、上陸しても、海鳥にアタックされ、大量のコバエが口に入り、コブシ大の石が降ってくる。アポロチョコ形の山の頂に向かうと死屍累々と鳥の死体が続く地獄絵図。捕食する脊椎動物がいないため、ゆっくりと分解されるという。「美しいだけの自然はない」と著者は語るが、日本にもこんな原始的な島がまだあったのね。

 男だらけの南の島2週間、ダークサイドに落ちそうな著者を支えるのは喫茶店ごっこ。予算が削られたのかカロリーメイトではなく「ウイダーinゼリーのカロリーエイド添え」を食べながら、「俺、バツイチ」「俺もだよ」「妻が子供を連れていっちゃって」というボーイズトークで盛り上がる? のである。

「恋心をこじらせてストーキングするのは自然な衝動である。相手が女性でなくて本当に良かった」と告白する鳥類学者の波瀾万丈な日々。夏休みを迎える前に読んでみてはいかがだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る