• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
白石あづさ
著者のコラム一覧
白石あづさ

日本大学芸術学部卒。地域紙の記者を経て約3年間の世界放浪へと旅立つ。現在はフリーライターとして旅行雑誌などに執筆。著書に「世界のへんな肉」「世界のへんなおじさん」など。

「極楽往生、1名入りま~す」

「マンガで教養やさしい仏像」漫画/夏江まみ監修/吉田さらさ 朝日新聞出版 1200円+税

 以前、このコーナーで「大阪弁訳法華経」を紹介したとき、「仏様の種類ってスタバのメニューくらい複雑だなあ」と驚いたのだが、そのややこしい登場人仏(物)と役割を分かりやすく解説したのが本書である。

 主人公は少し暗いOLの知子。転職先の「仏カンパニー」に初出社すると同僚がみなまぶしい金ピカの仏様。エレベーターが開けば、社のスローガンである「救民!」のポスターが。戸惑いながらもジャッキー(邪鬼)先輩に導かれ、働くことになる。カンパニーの頂点に立つのは社長の仏陀、役員の如来に部長の菩薩、係長は明王。平社員はヒンズー教などから来た転職組で弁天様や四天王たちだ。

 出世組の如来には2つの大プロジェクトがある。チーム薬師如来の役割は、24時間体制で「国境のない医師団」ばりに、どこの人々でも病から救う「病気平癒」。一方、チーム阿弥陀如来は、死んだ人を迎えに行く「迎合」を行う。「〇〇さんが亡くなりましたあ!」「極楽往生、1名入りま~す」と元気のいい居酒屋のように皆、段取りよくテキパキ動く。

 3階の部長ルームでは、観音菩薩が十一面観音や千手観音などに七変化しながら「その男は無視! もっといい男を見つけなさいね」と、迷える人々の電話相談に乗っている。おお、観音オンラインがあったら私もいろいろ相談をするだろう。

 しかし、そんな優しい仏ばかりではない。怒りっぽい係長の不動明王の部屋はメラメラ燃えている。リストから救いようのない煩悩をピックアップし、せっせとブッタ切って火にくべるのだ。

 今まで仏様なんてだいたい一緒だと思い、薬師如来に「お金持ちになれますように」と祈っていたが、救護活動をしている仏様に訴えても部署違いで、願いを聞いてくれる菩薩に言うべきだった。しかし、私の他力本願な訴えなど、煩悩リストに入れられ係長の部屋であっという間に燃やされ続けていたに違いない。そんなミスマッチを避けるためにも、お参り前にぜひご一読を。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る