「わたしが子どもをもたない理由」下重暁子著

公開日:

 子どもを持つ持たないは、個人の選択だが、えてして子どものいる人は「子どもがいなくて寂しいでしょう」と思いがちだ。しかし、最初からいないものにそうした感情はない。ペットを飼ってない人が「寂しいでしょう」と言われてピンとこないのと同じことなのだ。

 このように戦後70年経っても日本の「個」に対する意識が変わらないが、それは悪しき家族制度の残滓だという。家族は美しいものという幻想に縛られるがゆえに、自分の生き方と反していても子どもをつくる人も少なくないのが現状だ。

 そしてこの数年、国は少子化を理由に子づくりを勧め、子どものいる家庭に補助金を出すなど無言の圧力を掛けつつある。しかし、私たちには自分で選び取った人生を送る権利がある。もちろん、それには覚悟が必要だが……。

 60万部を超すベストセラーとなった「家族という病」の著者が、自分が子どもを持たなかった理由をつづりながら、産むことの圧力に一石を投じたエッセー。(かんき出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る