「わたしが子どもをもたない理由」下重暁子著

公開日:

 子どもを持つ持たないは、個人の選択だが、えてして子どものいる人は「子どもがいなくて寂しいでしょう」と思いがちだ。しかし、最初からいないものにそうした感情はない。ペットを飼ってない人が「寂しいでしょう」と言われてピンとこないのと同じことなのだ。

 このように戦後70年経っても日本の「個」に対する意識が変わらないが、それは悪しき家族制度の残滓だという。家族は美しいものという幻想に縛られるがゆえに、自分の生き方と反していても子どもをつくる人も少なくないのが現状だ。

 そしてこの数年、国は少子化を理由に子づくりを勧め、子どものいる家庭に補助金を出すなど無言の圧力を掛けつつある。しかし、私たちには自分で選び取った人生を送る権利がある。もちろん、それには覚悟が必要だが……。

 60万部を超すベストセラーとなった「家族という病」の著者が、自分が子どもを持たなかった理由をつづりながら、産むことの圧力に一石を投じたエッセー。(かんき出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る