「わたしが子どもをもたない理由」下重暁子著

公開日: 更新日:

 子どもを持つ持たないは、個人の選択だが、えてして子どものいる人は「子どもがいなくて寂しいでしょう」と思いがちだ。しかし、最初からいないものにそうした感情はない。ペットを飼ってない人が「寂しいでしょう」と言われてピンとこないのと同じことなのだ。

 このように戦後70年経っても日本の「個」に対する意識が変わらないが、それは悪しき家族制度の残滓だという。家族は美しいものという幻想に縛られるがゆえに、自分の生き方と反していても子どもをつくる人も少なくないのが現状だ。

 そしてこの数年、国は少子化を理由に子づくりを勧め、子どものいる家庭に補助金を出すなど無言の圧力を掛けつつある。しかし、私たちには自分で選び取った人生を送る権利がある。もちろん、それには覚悟が必要だが……。

 60万部を超すベストセラーとなった「家族という病」の著者が、自分が子どもを持たなかった理由をつづりながら、産むことの圧力に一石を投じたエッセー。(かんき出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る