「冬雷」遠田潤子著

公開日:

 日本海に面した小さな町、魚ノ宮。孤児だった代助が町の名家・千田家の養子になったのは11歳のとき。跡継ぎとしてようやく落ち着き場所を得たと思った代助だが、間もなくして義弟が生まれた。

 跡継ぎという地位はなくなったものの、千田家と代々深い関係のある鷹櫛神社の巫女・真琴という恋人もでき、将来に希望を託していた代助に悪夢が訪れる。幼い義弟が行方不明になり、代助が犯人と疑われたのだ。

 町を出てから12年。行方不明だった義弟の遺体が見つかったという知らせを受け、代助は久しぶりに魚ノ宮を訪れるが、町の人たちはいまだに彼を疑っており、皆が白い目を向けてくる。唯一声をかけてきたのは、代助に失恋したといって自殺した愛美の兄・龍だ。自分を恨んでいるはずの龍がなぜ? 龍に愛美の遺書を見せられた代助は、あることに気づく……。

 因習的な町にまつわる伝説を基調に、孤独な青年の心情と失踪事件に秘められた謎とが交錯していく。著者の力量の程を知らしめる傑作。(東京創元社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る