• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「デビル・イン・ヘブン」河合莞爾著

 吉祥寺の繁華街で男が転落死。被害者は、3年前に東京湾の埋め立て地・聖洲に誕生したカジノに入り浸りで、借金を抱えていた。刑事の諏訪は、現場に落ちていた黒い天使の柄のトランプのカードが気にかかる。

 直後に聖洲署に異動した諏訪は、元同僚の田沢に歓迎会の名目でカジノの関連会社がつくる組織「聖安会」の幹部らと引き合わせられる。彼らの話では、聖洲の治安維持は警察ではなく、聖安会が設立した民間警備会社によって保たれているという。諏訪は、田沢ら聖洲署の署員と聖安会の関係を疑う。数日後、田沢が変死。表沙汰にはなっていないが聖洲署員の変死が続いていると知った諏訪は、独自に田沢の死を調べ始める。

 近未来の東京を舞台にした警察ミステリー。(祥伝社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る