「デビル・イン・ヘブン」河合莞爾著

公開日:

 吉祥寺の繁華街で男が転落死。被害者は、3年前に東京湾の埋め立て地・聖洲に誕生したカジノに入り浸りで、借金を抱えていた。刑事の諏訪は、現場に落ちていた黒い天使の柄のトランプのカードが気にかかる。

 直後に聖洲署に異動した諏訪は、元同僚の田沢に歓迎会の名目でカジノの関連会社がつくる組織「聖安会」の幹部らと引き合わせられる。彼らの話では、聖洲の治安維持は警察ではなく、聖安会が設立した民間警備会社によって保たれているという。諏訪は、田沢ら聖洲署の署員と聖安会の関係を疑う。数日後、田沢が変死。表沙汰にはなっていないが聖洲署員の変死が続いていると知った諏訪は、独自に田沢の死を調べ始める。

 近未来の東京を舞台にした警察ミステリー。(祥伝社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る