「決定版日本の剣豪」中嶋繁雄著

公開日:  更新日:

 侍が「剣術」と称し、流儀を唱え始めるのは、将軍足利義政の時代だという。義政に仕えていた飯篠長威斎家直という人物が、刀槍の術を世に広めたのが始まりだ。下総に帰郷した長威斎は、香取神宮の境内で梅の木を相手に剣の修行に励み一流を編み出し「天真正伝神道流」と称した。

 この神道流の流れをくむのがかの塚原卜伝だ。卜伝の太刀の極意である「一ツの太刀」は、長威斎の弟子だった鹿島神宮の神官が創案し、これを卜伝の養父・塚原新左衛門がうけ、養父から卜伝へと伝えられた。将軍義輝まで門人にした卜伝の諸国巡行は、多くの従者が付き添い、大名行列のようだったという。

 そんな剣術の誕生から幕末まで、剣豪29人の生きざまと太刀筋を活写した評伝集。(文藝春秋 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る