「決定版日本の剣豪」中嶋繁雄著

公開日:  更新日:

 侍が「剣術」と称し、流儀を唱え始めるのは、将軍足利義政の時代だという。義政に仕えていた飯篠長威斎家直という人物が、刀槍の術を世に広めたのが始まりだ。下総に帰郷した長威斎は、香取神宮の境内で梅の木を相手に剣の修行に励み一流を編み出し「天真正伝神道流」と称した。

 この神道流の流れをくむのがかの塚原卜伝だ。卜伝の太刀の極意である「一ツの太刀」は、長威斎の弟子だった鹿島神宮の神官が創案し、これを卜伝の養父・塚原新左衛門がうけ、養父から卜伝へと伝えられた。将軍義輝まで門人にした卜伝の諸国巡行は、多くの従者が付き添い、大名行列のようだったという。

 そんな剣術の誕生から幕末まで、剣豪29人の生きざまと太刀筋を活写した評伝集。(文藝春秋 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る