「相撲茶屋のおかみさん」横野レイコ著

公開日:  更新日:

 相撲の入場券や飲食物、土産物の販売をするのが相撲茶屋だ。現在は「国技館サービス株式会社」となっているが、客の入場時から茶屋が案内などを担当する。茶屋を仕切るのはおかみさんだが、案内などをするのが「出方さん」と呼ばれる男たちで、20軒の茶屋と個々に雇用契約を結んでいる。かつてはご祝儀が収入だったが、現在は給料制。本場所開催中以外のときは量販店などで働いている人が多く、地方在住の人もいる。

 年齢制限は70歳までだが、93歳まで現役だった人も。広い国技館内を歩き回るため、昔は1場所で草履を5足履きつぶしたとか。

 入場券の買い方から接待で使うときのコツまで教えてくれるお役立ち本。

(現代書館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る