「相撲茶屋のおかみさん」横野レイコ著

公開日:  更新日:

 相撲の入場券や飲食物、土産物の販売をするのが相撲茶屋だ。現在は「国技館サービス株式会社」となっているが、客の入場時から茶屋が案内などを担当する。茶屋を仕切るのはおかみさんだが、案内などをするのが「出方さん」と呼ばれる男たちで、20軒の茶屋と個々に雇用契約を結んでいる。かつてはご祝儀が収入だったが、現在は給料制。本場所開催中以外のときは量販店などで働いている人が多く、地方在住の人もいる。

 年齢制限は70歳までだが、93歳まで現役だった人も。広い国技館内を歩き回るため、昔は1場所で草履を5足履きつぶしたとか。

 入場券の買い方から接待で使うときのコツまで教えてくれるお役立ち本。

(現代書館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る