• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「相撲茶屋のおかみさん」横野レイコ著

 相撲の入場券や飲食物、土産物の販売をするのが相撲茶屋だ。現在は「国技館サービス株式会社」となっているが、客の入場時から茶屋が案内などを担当する。茶屋を仕切るのはおかみさんだが、案内などをするのが「出方さん」と呼ばれる男たちで、20軒の茶屋と個々に雇用契約を結んでいる。かつてはご祝儀が収入だったが、現在は給料制。本場所開催中以外のときは量販店などで働いている人が多く、地方在住の人もいる。

 年齢制限は70歳までだが、93歳まで現役だった人も。広い国技館内を歩き回るため、昔は1場所で草履を5足履きつぶしたとか。

 入場券の買い方から接待で使うときのコツまで教えてくれるお役立ち本。

(現代書館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る