• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「キリスト教は『宗教』ではない」竹下節子著

 世界史をひもときながら、キリスト教の本質を解説したテキスト。

 最初のキリスト信徒の共同体は、キリスト教を信じる人たちではなく、イエス・キリストを信じ、彼によってもたらされる「福音」を信じる人たちだった。やがて4世紀にキリスト教として公認され、ローマ帝国の国教となるが、時代とともに古くなり消滅する可能性もあった。しかし、キリスト教の原点にあった人間中心主義や個人の自由を共同体の規範に優先する原則、平等主義などが、「欧米的価値観」へと育っていったという。「イズム(生き方マニュアル)」としてのキリスト教が、現代世界の深刻な諸問題の解決に寄与するかどうかまで考察。新たな視点で人類の歴史を捉えるおすすめ本。

(中央公論新社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る