「わかっちゃいるけど、ギャンブル!」ちくま文庫編集部編

公開日:  更新日:

 ギャンブルにまつわる名エッセーを集めたアンソロジー。

 作家の阿刀田高氏は、よく講演会で「阿佐田哲也」の名で麻雀小説を執筆していた色川武大氏と間違われたと、亡くなったばかりの氏を述懐。一緒に文学賞の選考委員を務めていたとき、最後の2作まで絞り込まれた候補作を評価する際に色川氏は「こっちの方がこの先、化けるような気がする」と穴狙いの傾向があったと思い出をつづる。その他、麻雀、競馬、競輪、何をやってもギャンブル運に恵まれた学生時代の友人Tについて記す宗教人類学者の植島啓司氏や、幼いころ、父に連れられていった競馬場で人生の悲哀を初めて知ったという澁澤龍彦氏など。ギャンブルが織りなす悲喜こもごもの人間模様を描く。

(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る