「わかっちゃいるけど、ギャンブル!」ちくま文庫編集部編

公開日:  更新日:

 ギャンブルにまつわる名エッセーを集めたアンソロジー。

 作家の阿刀田高氏は、よく講演会で「阿佐田哲也」の名で麻雀小説を執筆していた色川武大氏と間違われたと、亡くなったばかりの氏を述懐。一緒に文学賞の選考委員を務めていたとき、最後の2作まで絞り込まれた候補作を評価する際に色川氏は「こっちの方がこの先、化けるような気がする」と穴狙いの傾向があったと思い出をつづる。その他、麻雀、競馬、競輪、何をやってもギャンブル運に恵まれた学生時代の友人Tについて記す宗教人類学者の植島啓司氏や、幼いころ、父に連れられていった競馬場で人生の悲哀を初めて知ったという澁澤龍彦氏など。ギャンブルが織りなす悲喜こもごもの人間模様を描く。

(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る