• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「わかっちゃいるけど、ギャンブル!」ちくま文庫編集部編

 ギャンブルにまつわる名エッセーを集めたアンソロジー。

 作家の阿刀田高氏は、よく講演会で「阿佐田哲也」の名で麻雀小説を執筆していた色川武大氏と間違われたと、亡くなったばかりの氏を述懐。一緒に文学賞の選考委員を務めていたとき、最後の2作まで絞り込まれた候補作を評価する際に色川氏は「こっちの方がこの先、化けるような気がする」と穴狙いの傾向があったと思い出をつづる。その他、麻雀、競馬、競輪、何をやってもギャンブル運に恵まれた学生時代の友人Tについて記す宗教人類学者の植島啓司氏や、幼いころ、父に連れられていった競馬場で人生の悲哀を初めて知ったという澁澤龍彦氏など。ギャンブルが織りなす悲喜こもごもの人間模様を描く。

(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る