「セックス難民」宋美玄著

公開日: 更新日:

 男性の50、60代は70%以上の人がセックスをしたいと思っているのに対し、女性は50代で約27%、60代では約18%と年代が上になるほどセックスへの意欲が減少する。女性は熟年世代に差しかかると、更年期や閉経と体に大きな変化の波が訪れ、セックスを卒業したいと願う40、50代の女性も多いという。

 本書では、セックスしたいのに、できない人をセックス難民と命名。結婚相手、交際相手がいるが、もう長い間、セックスレスになっている、またこのままいけばセックスレスになりかねないという人に向けて、難民化しないための方法、なりかかっているときには何に注意すればいいか、そしてなってしまった人はどうすればいいのかを具体的に説いた熟年世代向けセックス指南書。

(小学館 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  8. 8

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る

人気キーワード