妻がセックスを断る2大理由は「楽しくない」「痛い」

公開日: 更新日:

 日本人は世界でもっともセックスをしないといわれて久しい。長年のセックスレスが熟年離婚の原因にもなる昨今、不満や不安があるのなら早めに解消しておくべきだ。

 日本性科学会セクシュアリティ研究会著「中高年のための性生活の知恵」(アチーブメント出版 1400円+税)では、臨床心理士や産婦人科医などの専門家たちが、中高年期の性生活の問題とその解決策について解説している。

 女性側がセックスを断る2大理由は、「楽しくない」「痛い」というもの。挿入して射精して「はい、終わり」では、「もうしたくない」という心情にもなる。しっかり時間をかけていると男性側は思っているかもしれないが、本書が有配偶者女性の性交時間を調査したところ、64%が5~20分という結果に。つまり、5~20分以内に前戯から挿入までを賄っているわけで、これでは女性の体が準備を整えることができず、性交痛にもつながりかねない。

 一方、男性側では「身内だからその気になれない」という理由が多い。これは裏を返すと、「男性として扱われる」ことの欠如だと本書。妻から男性として接してもらえないと「男性としての機能」を発揮するモチベーションも下がり、結果「妻が母親に見えて無理」という思いにつながっていくわけだ。

 夫婦で読んで役立つ、セックスレスを解決する15の心得も紹介。「おまえは勝手だ」「あなたは不誠実だ」ではなく、「俺は寂しい」「私はつらい」という“わたしは”で始まる話し方で正直な気持ちを伝えること。「同衾(どうきん)」を大切にすること。挿入にこだわらないセックスを試してみることなど、もう一度、心と体を通わせる知恵が満載。今日からでも役立ててみては。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る