「他人のセックスを見ながら考えた」田房永子著

公開日: 更新日:

 2000年代初め、男性向けのエロ本誌上で風俗店リポート漫画を描いていた著者が、さまざまな現場で垣間見た男性の欲望に対する違和感を本音でつづったエッセー集。

 人妻アロマオイルマッサージや、生身の女の子が苦手な男性用ラブドール専門風俗店、富裕層向けスワッピングパーティー、オナニークラブなどをときには利用客を装って潜入取材。そこで働く男たちや客、そして取材に同行する男性編集者らの言動に、「男たちのファンタジーの中の女たちは、あまりにも人格がなくて個性がなくて『女ってこんなもんじゃない!』としか思えない」。

 その折々に感じた戸惑いや憤りを明かしながら、男たちの性欲を通して世の中を考察する。

(筑摩書房 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード