経済同様にアクティブになる中国のエロ文化

公開日: 更新日:

“エロ”は政治や経済と同じく、社会の行く末を読み解く重要な鍵となる。安田峰俊著「性と欲望の中国」(文藝春秋 850円+税)では、14億人という人口を誇る中国の最新エロ文化をひもといている。

 長らく続いた一人っ子政策などにより、中国は性的に極めて潔癖な国家だった。しかしGDPが世界第2位となり、庶民層の生活水準が向上した2010年代以降、エロの分野も劇的にアクティブになり、アダルト産業が急成長を遂げている。

 例えば、ラブドールの世界。かつてダッチワイフと呼ばれたこの商品は、日本製が世界ダントツの品質を誇っており、中国のマニアからも密かに好まれていた。日本への留学生が、中国に転売して小遣い稼ぎをしていたこともあるという。

 しかし現在、当時の学生たちが中国国内でラブドール企業を創業し、上場を果たす企業も登場している。中国は土地が広く工場の敷地も確保しやすいため、日本で学んだ品質を維持しつつ、大勢の人間を雇っての大量生産も可能。また、有望株のアダルト産業をうさんくさく見るような社会的風潮も薄く、投資を集めて事業拡大もしやすいのだという。

 結果、業界トップのオリエント工業でも従業員は数十人程度の日本に対し、起業から5年ほどで中国有数のラブドール企業となったEXDOLL社の従業員は130人超。月の生産数は300~800体にのぼり、日本を含めた世界各国に輸出されている。さらに、AIを実装したドールの開発も進んでおり、軽いピロートークも期待できるのだから驚きだ。

 SNS不倫や日本買春ツアーなど、話題のセックス事情も紹介。現代中国社会の真実を読み解くにはうってつけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    本田翼&中条あやみは高評価…春ドラマで株急落の女優は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る