仕事優先した野口五郎 2度の煮え切らない恋愛スキャンダル

公開日: 更新日:

<1979年2月>

 西城秀樹、郷ひろみとともに新ご三家と呼ばれた野口五郎。ピンク・レディーのケイこと増田恵子と婚約騒動が起きたのは1979年2月のこと。

 2月15日、新聞、週刊誌が一斉に野口(当時22)とケイ(当時21)の取材を開始した。引き金は女性誌が5万部を増刷するというニュース。かねて野口の交際を追っていた同誌の増刷、それが臆測を呼び、ホテルでの密会写真を撮られ、婚約間近といったウワサが飛び交った。

 共演する「ザ・ベストテン」(TBS)のスタジオ前に100人ほどの報道陣が詰め掛けた。だが、情報は週刊誌の増刷情報だけ。確信を持てない記者たちがひそひそと情報交換する状態。取材目的が判然としないままスタジオ入りする2人にフラッシュがたかれて異様な雰囲気になった。

 番組終了後、2人は裏口から脱出したが、これで騒ぎが拡大。翌日の新聞の報道を受け、2人はそれぞれ釈明会見を開いた。野口は「歌手仲間の友だち」、ケイも「仕事の話とか電話で相談にのってもらうだけ」と“友だち”を強調。騒動について「本命を隠すための当て馬説」まで飛び出す中、野口は取材で「好きな人ができたら、ちゃんと言うようにします」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る