仕事優先した野口五郎 2度の煮え切らない恋愛スキャンダル

公開日: 更新日:

<1979年2月>

 西城秀樹、郷ひろみとともに新ご三家と呼ばれた野口五郎。ピンク・レディーのケイこと増田恵子と婚約騒動が起きたのは1979年2月のこと。

 2月15日、新聞、週刊誌が一斉に野口(当時22)とケイ(当時21)の取材を開始した。引き金は女性誌が5万部を増刷するというニュース。かねて野口の交際を追っていた同誌の増刷、それが臆測を呼び、ホテルでの密会写真を撮られ、婚約間近といったウワサが飛び交った。

 共演する「ザ・ベストテン」(TBS)のスタジオ前に100人ほどの報道陣が詰め掛けた。だが、情報は週刊誌の増刷情報だけ。確信を持てない記者たちがひそひそと情報交換する状態。取材目的が判然としないままスタジオ入りする2人にフラッシュがたかれて異様な雰囲気になった。

 番組終了後、2人は裏口から脱出したが、これで騒ぎが拡大。翌日の新聞の報道を受け、2人はそれぞれ釈明会見を開いた。野口は「歌手仲間の友だち」、ケイも「仕事の話とか電話で相談にのってもらうだけ」と“友だち”を強調。騒動について「本命を隠すための当て馬説」まで飛び出す中、野口は取材で「好きな人ができたら、ちゃんと言うようにします」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る