仕事優先した野口五郎 2度の煮え切らない恋愛スキャンダル

公開日: 更新日:

<1979年2月>

 西城秀樹、郷ひろみとともに新ご三家と呼ばれた野口五郎。ピンク・レディーのケイこと増田恵子と婚約騒動が起きたのは1979年2月のこと。

 2月15日、新聞、週刊誌が一斉に野口(当時22)とケイ(当時21)の取材を開始した。引き金は女性誌が5万部を増刷するというニュース。かねて野口の交際を追っていた同誌の増刷、それが臆測を呼び、ホテルでの密会写真を撮られ、婚約間近といったウワサが飛び交った。

 共演する「ザ・ベストテン」(TBS)のスタジオ前に100人ほどの報道陣が詰め掛けた。だが、情報は週刊誌の増刷情報だけ。確信を持てない記者たちがひそひそと情報交換する状態。取材目的が判然としないままスタジオ入りする2人にフラッシュがたかれて異様な雰囲気になった。

 番組終了後、2人は裏口から脱出したが、これで騒ぎが拡大。翌日の新聞の報道を受け、2人はそれぞれ釈明会見を開いた。野口は「歌手仲間の友だち」、ケイも「仕事の話とか電話で相談にのってもらうだけ」と“友だち”を強調。騒動について「本命を隠すための当て馬説」まで飛び出す中、野口は取材で「好きな人ができたら、ちゃんと言うようにします」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る