• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

財産分与も円満 橋幸夫「74歳の決断」と超熟年離婚の勝算

 元祖ご三家の大ベテラン歌手・橋幸夫(74)が、昨年暮れに熟年離婚していたとデイリースポーツで報じられた。1971年に結婚し、子供ふたりを育て、共著を出版したこともある夫人(70)と別々のエンディングロードを歩みはじめているというのだ。

 橋は所有する都内貸しスタジオや自宅の入るビルを夫人に渡し、財産分与した格好。自宅は表札からすでに橋の名前が消え、夫人の名前のみ表示されているようだから、話し合いなどは済んでいるのだろう。

 印象的なのは、橋の熟年離婚への思い。デイリースポーツへのインタビューで、橋は以前、「人生の最後は、ひっそり、ひとりで自由な生き方をしたい」と語っていたというのである。ひとり暮らしの者が誰にもみとられることなく亡くなり、そのまま放置されたりする孤独死が社会問題になって久しい。一方では、未婚者向けのおひとりさまサービスが普及しているが、こちらはシルバー世代より若い世代向けの印象が強い。橋はこれから、おひとりさまで終活をしていくつもりなのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る