財産分与も円満 橋幸夫「74歳の決断」と超熟年離婚の勝算

公開日:

 元祖ご三家の大ベテラン歌手・橋幸夫(74)が、昨年暮れに熟年離婚していたとデイリースポーツで報じられた。1971年に結婚し、子供ふたりを育て、共著を出版したこともある夫人(70)と別々のエンディングロードを歩みはじめているというのだ。

 橋は所有する都内貸しスタジオや自宅の入るビルを夫人に渡し、財産分与した格好。自宅は表札からすでに橋の名前が消え、夫人の名前のみ表示されているようだから、話し合いなどは済んでいるのだろう。

 印象的なのは、橋の熟年離婚への思い。デイリースポーツへのインタビューで、橋は以前、「人生の最後は、ひっそり、ひとりで自由な生き方をしたい」と語っていたというのである。ひとり暮らしの者が誰にもみとられることなく亡くなり、そのまま放置されたりする孤独死が社会問題になって久しい。一方では、未婚者向けのおひとりさまサービスが普及しているが、こちらはシルバー世代より若い世代向けの印象が強い。橋はこれから、おひとりさまで終活をしていくつもりなのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る