中高年必読! 芸能リポーター川内天子さんの体験的「脳トレ本」

公開日:  更新日:

 日刊ゲンダイ本紙にいつも、厳しさの中にも愛情あふれるコメントを寄せてくれる芸能リポーターの川内天子さん(年齢非公表)が、「10歳若がえる!脳トレーニング法」(音羽出版)を12月1日に出版。発売に先駆けて27日、都内ホールで記念講演を行った。

 東京だけでなく、名古屋、大阪、福岡と全国のテレビ局を駆け回っている川内氏さんだが、昨年5月の本番中に脳梗塞を発症。ロレツが回らず、“しゃべり”が命のリポーター業を廃業のピンチだったという。

 最悪の事態は免れたものの、入院生活を余儀なくされた川内さんが完全復活できたのは、意味のない言葉(イキ・イケ・イカなど)を繰り返し発音する言語リハビリのおかげだったとか。

「脳梗塞は今や60代は4人に1人、70代はほぼ全員に発症の危険性があります。でも、普段から脳トレをやっておけば大丈夫。ボケや老化防止にも役立ちます。そのトレーニング法の全てはこの本の中に書いてあります」

 怒りっぽい人や血圧高めの中高年は必読か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る