中高年必読! 芸能リポーター川内天子さんの体験的「脳トレ本」

公開日:  更新日:

 日刊ゲンダイ本紙にいつも、厳しさの中にも愛情あふれるコメントを寄せてくれる芸能リポーターの川内天子さん(年齢非公表)が、「10歳若がえる!脳トレーニング法」(音羽出版)を12月1日に出版。発売に先駆けて27日、都内ホールで記念講演を行った。

 東京だけでなく、名古屋、大阪、福岡と全国のテレビ局を駆け回っている川内氏さんだが、昨年5月の本番中に脳梗塞を発症。ロレツが回らず、“しゃべり”が命のリポーター業を廃業のピンチだったという。

 最悪の事態は免れたものの、入院生活を余儀なくされた川内さんが完全復活できたのは、意味のない言葉(イキ・イケ・イカなど)を繰り返し発音する言語リハビリのおかげだったとか。

「脳梗塞は今や60代は4人に1人、70代はほぼ全員に発症の危険性があります。でも、普段から脳トレをやっておけば大丈夫。ボケや老化防止にも役立ちます。そのトレーニング法の全てはこの本の中に書いてあります」

 怒りっぽい人や血圧高めの中高年は必読か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る