• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中高年必読! 芸能リポーター川内天子さんの体験的「脳トレ本」

 日刊ゲンダイ本紙にいつも、厳しさの中にも愛情あふれるコメントを寄せてくれる芸能リポーターの川内天子さん(年齢非公表)が、「10歳若がえる!脳トレーニング法」(音羽出版)を12月1日に出版。発売に先駆けて27日、都内ホールで記念講演を行った。

 東京だけでなく、名古屋、大阪、福岡と全国のテレビ局を駆け回っている川内氏さんだが、昨年5月の本番中に脳梗塞を発症。ロレツが回らず、“しゃべり”が命のリポーター業を廃業のピンチだったという。

 最悪の事態は免れたものの、入院生活を余儀なくされた川内さんが完全復活できたのは、意味のない言葉(イキ・イケ・イカなど)を繰り返し発音する言語リハビリのおかげだったとか。

「脳梗塞は今や60代は4人に1人、70代はほぼ全員に発症の危険性があります。でも、普段から脳トレをやっておけば大丈夫。ボケや老化防止にも役立ちます。そのトレーニング法の全てはこの本の中に書いてあります」

 怒りっぽい人や血圧高めの中高年は必読か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る