日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小倉優子 TVレギュラーゼロでも料理本バカ売れの秘訣

 今や“ヤンママ”の星である。
 1日、小倉優子(30)が料理本「小倉優子の毎日ほめられ(ハート)ごはん」の出版記念イベントを行った。昨年12月に発売し、12万部超の大ヒットとなった「小倉優子の幸せ(ハート)ごはん」の第2弾。かつては「こりん星からイチゴの馬車でやってきたりんごももか姫」と名乗っていたゆうこりんも、11年10月にヘアメークアーティストの菊池勲氏と結婚し、12年6月に長男を出産したママタレントのひとりだ。

 現在、不定期のゲスト出演以外、テレビでの露出はほぼゼロ。にもかかわらず、冒頭の2冊を合わせると発行部数は累計18万部とバカ売れ。1冊1260円だから、印税収入はざっと2200万円以上になる。版元関係者も「想定以上の売れ行き」と鼻息が荒い。人気の理由は何か。

「今の若いお母さん世代には、露出は控えめでテレビに出すぎない方が支持される場合もある。『普段は何をしてるんだろう』という興味を引いて、ブログを見せた方が好感度が高い。テレビで庶民派をアピールすると鼻に突いて共感が得られないからです。料理のレシピも、加藤茶の奥さんの綾菜さんみたいな凝りに凝った料理でもなく、辻(希美)ちゃんのような個性的なお弁当やメニューでもない。基本はバランスを重視した家庭料理。たまに豪華なものを作る、くらいの方がお金や時間があまりない若いママでも参考にできる。加えて、夫婦円満なのも成功した大きな理由でしょう」(芸能リポーターの川内天子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事