• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西城秀樹も被害…夜の銀座を遊泳した“サギ女”の半生

 若き日の市村正親(64)の隣で艶然とほほ笑む女性――。この写真は80年代半ばに、あるパーティーで撮影されたスナップだ。女性の名前は沖山美知子(60)。歌手・西城秀樹のマネジャーに、西城がフランス政府から芸術文化勲章「コマンドゥール」を受章できると持ちかけて、謝礼名目で720万円を詐取。11月28日、警視庁捜査2課に詐欺容疑で逮捕された女である。

 沖山は他の芸能人に対しても同様の行為をしていて、警視庁には被害相談が寄せられているという。

 フツーに考えればフランスの勲章がカネで買えるなんておかしいと疑うはず。ではなぜコロリとだまされたのか。それは沖山がかつて、劇団「四季」の看板俳優だった市村正親のマネジャーだったからである。

「市村のマネジャーを務めたのは82年から数年間。その間に西城のマネジャーとも面識ができた。その後、たもとを分かち、市村はホリプロに所属。ホリプロ側は“沖山とは一切の面識がない”と関係を否定していますが、市村の名前が信用を担保したのは間違いない」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る