パパラッチ「カモン!」 福田彩乃“女優宣言”の中途半端

公開日: 更新日:

 4日、ものまねタレントの福田彩乃(25)がDeNAマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」創刊記者発表会に登場した。今年は「TAKE FIVE」「安堂ロイド」(ともにTBS系)など、女優としてドラマに出演した福田。2013年を振り返り、「充実していた。悔いはない」とますます増えつつある女優業に満足そう。この日も「来年もそういうの(ドラマ)をちゃんと続けられるようにしたい。やっぱり興味があるので、もうちょっとお芝居の仕事をやりたい」と意欲を示していた。

 テレビ番組で、同じものまねタレントのミラクルひかる(33)に「(唐沢寿明の誕生日会に)女優みたいな顔して座ってるんだよね~」と“口撃”されたこともある。ものまねの同業者からは「中途半端」と非難されることも少なくないんだとか。

「ものまねタレントとしてはかわいくてキレイなのは確か。でも、あくまでものまねで芸能界に入ってきたんだから、<女優をやりたい>と堂々と宣言しちゃうのはどうなのか。同業者の反感を承知の上で挑戦したいんだから、本人の意志は固いんでしょうが……」(芸能リポーター)

 この日は、「男性と2人で歩くということはここ数年ずっとしていない。来年は(週刊誌に)撮られることを目標にします」とも語っていた。気持ちはすでにトレンディー女優のようで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る