パパラッチ「カモン!」 福田彩乃“女優宣言”の中途半端

公開日:  更新日:

 4日、ものまねタレントの福田彩乃(25)がDeNAマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」創刊記者発表会に登場した。今年は「TAKE FIVE」「安堂ロイド」(ともにTBS系)など、女優としてドラマに出演した福田。2013年を振り返り、「充実していた。悔いはない」とますます増えつつある女優業に満足そう。この日も「来年もそういうの(ドラマ)をちゃんと続けられるようにしたい。やっぱり興味があるので、もうちょっとお芝居の仕事をやりたい」と意欲を示していた。

 テレビ番組で、同じものまねタレントのミラクルひかる(33)に「(唐沢寿明の誕生日会に)女優みたいな顔して座ってるんだよね~」と“口撃”されたこともある。ものまねの同業者からは「中途半端」と非難されることも少なくないんだとか。

「ものまねタレントとしてはかわいくてキレイなのは確か。でも、あくまでものまねで芸能界に入ってきたんだから、<女優をやりたい>と堂々と宣言しちゃうのはどうなのか。同業者の反感を承知の上で挑戦したいんだから、本人の意志は固いんでしょうが……」(芸能リポーター)

 この日は、「男性と2人で歩くということはここ数年ずっとしていない。来年は(週刊誌に)撮られることを目標にします」とも語っていた。気持ちはすでにトレンディー女優のようで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る