話題の「キムラ緑子」「小市漫太郎」輩出 関西演劇の底力

公開日:  更新日:

「ごちそうさん」のいけずな出戻り義姉と、「クロコーチ」の温和な捜査一課長。いろんなドラマで脇役を務め、名前よりも顔が売れている2人はキムラ緑子(52)と小市漫太郎(44)。同じ劇団の出身だ。同志社大出身の劇作家マキノノゾミが旗揚げし、3年前に解散した「劇団MOP」である。

「MOPは、古田新太が看板俳優を務める『劇団☆新感線』や大阪芸大出身者が立ち上げた『南河内万歳一座』と並び、関西で人気の劇団でした。当初は、つかこうへい作品を中心に上演。1992年には東京単独公演も成功させています。主宰者のマキノは、朝ドラ『まんてん』の脚本家としても知られている。役者としてよりも、作り手としての活躍が目立ちますね」(演劇関係者)
 
 キムラはこの劇団の元看板女優だ。同志社女子大卒業後に生まれ故郷の淡路島に帰ったが、芝居を忘れられずMOPに参加。マキノと結婚し、2005年に円満離婚するも、その5年後に復縁した。「まんてん」や「純情きらり」「ちりとてちん」と、朝ドラの常連でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る