話題の「キムラ緑子」「小市漫太郎」輩出 関西演劇の底力

公開日: 更新日:

「ごちそうさん」のいけずな出戻り義姉と、「クロコーチ」の温和な捜査一課長。いろんなドラマで脇役を務め、名前よりも顔が売れている2人はキムラ緑子(52)と小市漫太郎(44)。同じ劇団の出身だ。同志社大出身の劇作家マキノノゾミが旗揚げし、3年前に解散した「劇団MOP」である。

「MOPは、古田新太が看板俳優を務める『劇団☆新感線』や大阪芸大出身者が立ち上げた『南河内万歳一座』と並び、関西で人気の劇団でした。当初は、つかこうへい作品を中心に上演。1992年には東京単独公演も成功させています。主宰者のマキノは、朝ドラ『まんてん』の脚本家としても知られている。役者としてよりも、作り手としての活躍が目立ちますね」(演劇関係者)
 
 キムラはこの劇団の元看板女優だ。同志社女子大卒業後に生まれ故郷の淡路島に帰ったが、芝居を忘れられずMOPに参加。マキノと結婚し、2005年に円満離婚するも、その5年後に復縁した。「まんてん」や「純情きらり」「ちりとてちん」と、朝ドラの常連でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る