• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

話題の「キムラ緑子」「小市漫太郎」輩出 関西演劇の底力

「ごちそうさん」のいけずな出戻り義姉と、「クロコーチ」の温和な捜査一課長。いろんなドラマで脇役を務め、名前よりも顔が売れている2人はキムラ緑子(52)と小市漫太郎(44)。同じ劇団の出身だ。同志社大出身の劇作家マキノノゾミが旗揚げし、3年前に解散した「劇団MOP」である。

「MOPは、古田新太が看板俳優を務める『劇団☆新感線』や大阪芸大出身者が立ち上げた『南河内万歳一座』と並び、関西で人気の劇団でした。当初は、つかこうへい作品を中心に上演。1992年には東京単独公演も成功させています。主宰者のマキノは、朝ドラ『まんてん』の脚本家としても知られている。役者としてよりも、作り手としての活躍が目立ちますね」(演劇関係者)
 
 キムラはこの劇団の元看板女優だ。同志社女子大卒業後に生まれ故郷の淡路島に帰ったが、芝居を忘れられずMOPに参加。マキノと結婚し、2005年に円満離婚するも、その5年後に復縁した。「まんてん」や「純情きらり」「ちりとてちん」と、朝ドラの常連でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る