日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ごちそうさん」 陰の立役者は“かわいすぎる妹”高畑充希

 NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」が、視聴率も初の23%突破と絶好調。ヒロインめ以子(杏=27)をいびり倒す小姑(キムラ緑子=52)に注目が集まる一方で、「かわいすぎる妹」と人気急上昇中なのが、め以子の夫の妹を演じる高畑充希だ。

 番組ホームページによると、「西門家の末娘。気弱で不器用。家事は何をやってもうまくできない」という役どころ。

 ドラマでは16歳という設定だが、高畑の実年齢は21歳だ。大阪府東大阪市出身で、小学校から中学校まで十数回のオーディションを受け、すべて落ちたが、05年にホリプロが創業45年を記念して主催したミュージカルのオーディションで、見事に主役の座を獲得した。コブクロの小渕健太郎プロデュースで、歌手としても活動している。

■不器用さが新鮮

「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」の著者でライターの田幸和歌子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事