日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

喜多嶋舞・大沢樹生の“実子騒動” …なぜ今弾けたのか

 16歳の長男が、前夫である大沢樹生(44)の「実子じゃなかった」と報じられた件は、今のところ、喜多嶋舞(41)の方が分が悪そうだ。

 喜多嶋は24日、「なぜ今このようなことが突然書かれるのか非常に憤りを感じております」なんてコメントを発表したものの、ネット世論はすっかり大沢の味方。「憤りを感じているのは大沢だろう」「逆ギレか」なんて“喜多嶋バッシング”が起き始めている。

 大沢に同情が集まる一方だが、喜多嶋が「なぜ今」と言うのも分からないではない。確かに、なぜ今なのか。ワイドショースタッフが言う。

「そもそものきっかけは、昨年10月の週刊文春の報道です。長男が、幼少期から両親の虐待を受けていたと告白したのです。大沢も喜多嶋も事実を否定しましたが、DV疑惑のせいで大沢は仕事が減ってしまった。同じ年の5月には、再婚した妻が死産している。心労が重なっていたこともあって、ある疑念がフツフツともたげてきた。それが、今年2月のDNA鑑定につながったんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事