喜多嶋舞・大沢樹生の“実子騒動” …なぜ今弾けたのか

公開日: 更新日:

 16歳の長男が、前夫である大沢樹生(44)の「実子じゃなかった」と報じられた件は、今のところ、喜多嶋舞(41)の方が分が悪そうだ。

 喜多嶋は24日、「なぜ今このようなことが突然書かれるのか非常に憤りを感じております」なんてコメントを発表したものの、ネット世論はすっかり大沢の味方。「憤りを感じているのは大沢だろう」「逆ギレか」なんて“喜多嶋バッシング”が起き始めている。

 大沢に同情が集まる一方だが、喜多嶋が「なぜ今」と言うのも分からないではない。確かに、なぜ今なのか。ワイドショースタッフが言う。

「そもそものきっかけは、昨年10月の週刊文春の報道です。長男が、幼少期から両親の虐待を受けていたと告白したのです。大沢も喜多嶋も事実を否定しましたが、DV疑惑のせいで大沢は仕事が減ってしまった。同じ年の5月には、再婚した妻が死産している。心労が重なっていたこともあって、ある疑念がフツフツともたげてきた。それが、今年2月のDNA鑑定につながったんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

もっと見る