• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

喜多嶋舞・大沢樹生の“実子騒動” …なぜ今弾けたのか

 16歳の長男が、前夫である大沢樹生(44)の「実子じゃなかった」と報じられた件は、今のところ、喜多嶋舞(41)の方が分が悪そうだ。

 喜多嶋は24日、「なぜ今このようなことが突然書かれるのか非常に憤りを感じております」なんてコメントを発表したものの、ネット世論はすっかり大沢の味方。「憤りを感じているのは大沢だろう」「逆ギレか」なんて“喜多嶋バッシング”が起き始めている。

 大沢に同情が集まる一方だが、喜多嶋が「なぜ今」と言うのも分からないではない。確かに、なぜ今なのか。ワイドショースタッフが言う。

「そもそものきっかけは、昨年10月の週刊文春の報道です。長男が、幼少期から両親の虐待を受けていたと告白したのです。大沢も喜多嶋も事実を否定しましたが、DV疑惑のせいで大沢は仕事が減ってしまった。同じ年の5月には、再婚した妻が死産している。心労が重なっていたこともあって、ある疑念がフツフツともたげてきた。それが、今年2月のDNA鑑定につながったんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る