喜多嶋vs大沢 「鑑定デッチ上げ」報道で実子騒動ドロ沼化

公開日:  更新日:

<全ての皆様に取りまして、素晴らしい2014年でございますよう心より願っております>

 今月3日、渦中の大沢樹生(44)が自身のブログを更新したが、こんなたわいもない新年の挨拶さえも、意味深に思えてしまうのである。16年間我が子として育ててきた長男を取り巻く“父性確率0%”問題。初めて表沙汰になったのは、昨年のクリスマスイブだったが、事態は年が明け、ドロ沼化の様相を呈している。

 というのも、喜多嶋舞(41)側が、大沢が主張する「父性確率0%」のDNA鑑定の結果は慰謝料欲しさのデッチ上げ。未成年の子供を巻き込んで騒ぎを大きくしたことに対し、逆に名誉毀損で訴える用意がある――などと発売中の「女性セブン」が報じているのだ。

 同誌はDNA鑑定の“落とし穴”についても記している。その内容をかいつまむと、悪質な鑑定業者も存在するというもので、承認された国際規格の水準に達しない粗悪な検査を行ったり、検体の取り違えから誤判定をする業者も少なからず存在するという。また依頼者とグルになって偽りの検査結果を作成する業者まであるので、注意が必要だとか。もっとも、大沢がどのようなDNA鑑定を行ったのか、詳細は明らかになっていないが、昨年7月、家庭裁判所へ「親子関係の不存在」の確認を求める調停を申し出ているのは事実である。離婚問題に詳しい弁護士がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る