父性確率0%が3割の衝撃 「DNA鑑定」こっそりできる?

公開日:  更新日:

 元「光GENJI」の大沢樹生(44)はホント気の毒だ。16年間育ててきた長男がDNA鑑定の結果、実子じゃないと判明した。大沢じゃなくても、頭の中が真っ白になるだろう。ある鑑定業者が言う。

「親子鑑定で最近増えているのが、団塊世代からの依頼。<死ぬ前に一応確認しておきたい>というのです。<本当に俺の子か?>という疑念は、死ぬまで拭い切れないのでしょう」

 妻のことは信じたいけど……。切なくて悩ましい問題だ。大沢の場合は離婚していたからまだいいが、一緒に暮らしているのに鑑定を切り出すのは、勇気がいる。妻に内緒でこっそり鑑定できないものなのか。

「DNA鑑定には政府のガイドラインがあって、鑑定を受ける父親と子ども、それぞれの同意が必要ということになっています。でも、それほど厳格ではない。親権のある父親から<子どもも同意している>と言われて依頼されたら、鑑定を断る理由はありません」(前出の鑑定業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る