「明日ママ騒動」 三上博史の「舌打ち」演技もアダ?

公開日:  更新日:

 日本テレビ系の連続ドラマ「明日、ママがいない」騒動は全国児童養護施設協議会が今週会見を開き、日テレが文書で謝罪し、内容を改善する方向を示したことで、ひとまず収拾する道筋だけはできたといえる。

 騒動では主演の芦田愛菜が「赤ちゃんポスト」から取ったニックネーム「ポスト」が盛んに取り上げられ、子供らの残酷な言葉遣いなどが問題視された。しかし、エゲツなさなら、芦田らが引き取られた施設の施設長を演じる三上博史の言動の方が上で、子供らを罵倒し、恫喝するが、こんな施設長は実在するのか。取材はしたのか。いずれハッキリしてほしいものだ。時には「チェッ」とこれ見よがしに舌打ちし、子供らを毛嫌いする様子は見ている者には不快だった。

 そもそもなぜ、あれほどまでに虫けらのように扱うのか、見ていてイマイチわからない。お金のためか、個人的な憎しみなのか。あれでは単なる虐待である。子供を預かる大人があれほどぞんざいに接するのには明確な理由がなければ説得力がない。

 三上は確かに迫力があり、演技派の面目躍如といった感がある。それがアダになったともいえなくないのだが、もう少し配慮すれば、騒動がこれほど拡大することはなかったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る