• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「明日ママ騒動」 三上博史の「舌打ち」演技もアダ?

 日本テレビ系の連続ドラマ「明日、ママがいない」騒動は全国児童養護施設協議会が今週会見を開き、日テレが文書で謝罪し、内容を改善する方向を示したことで、ひとまず収拾する道筋だけはできたといえる。

 騒動では主演の芦田愛菜が「赤ちゃんポスト」から取ったニックネーム「ポスト」が盛んに取り上げられ、子供らの残酷な言葉遣いなどが問題視された。しかし、エゲツなさなら、芦田らが引き取られた施設の施設長を演じる三上博史の言動の方が上で、子供らを罵倒し、恫喝するが、こんな施設長は実在するのか。取材はしたのか。いずれハッキリしてほしいものだ。時には「チェッ」とこれ見よがしに舌打ちし、子供らを毛嫌いする様子は見ている者には不快だった。

 そもそもなぜ、あれほどまでに虫けらのように扱うのか、見ていてイマイチわからない。お金のためか、個人的な憎しみなのか。あれでは単なる虐待である。子供を預かる大人があれほどぞんざいに接するのには明確な理由がなければ説得力がない。

 三上は確かに迫力があり、演技派の面目躍如といった感がある。それがアダになったともいえなくないのだが、もう少し配慮すれば、騒動がこれほど拡大することはなかったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る