「明日ママ」CMゼロでも…日本テレビは売り上げ8億円!?

公開日: 更新日:

「明日、ママがいない」(日本テレビ系)からCMが消える。29日放送の第3話でスポンサー全8社が撤退し、ACジャパンのCMに差し替えられるという。

 それでも日本テレビの大久保社長は「スポンサーの皆さんに趣旨を説明し、理解を求めていきたい」と強調。“予定通り”に全9話を放送すると話している。

 もっとも、日本テレビ側に要望書を提出していた全国児童養護施設協議会は、「全10回のシリーズと説明を受けていた」(藤野会長)と言っていた。いつの間にか1回減ったようだが、いずれにしろ放送は継続される。差し替える番組の用意がない上に、金銭面の打撃が大きいからともっぱらだ。

■スポンサーの意向なら支払いは発生する

「特定の番組を提供する『タイムCM』の場合、スポンサーの意向によるCM放送中止なら、料金はそのまま支払われます。スポンサーがCM放送を自粛した東日本大震災のときも、一部の企業はゴネたようですが、原則的に支払われた。ただし、局側が特別編成を組んでCMを外した場合は支払いもなし。今回も同じで、局が放送中止を決めれば、スポンサー契約もご破算になる。支払いは大幅に減額されるでしょう」(広告代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る