修正版ほぼ撮って出し 「明日ママ」撮影現場のテンヤワンヤ

公開日: 更新日:

 ついに国会の場でも取り上げられる事態に発展したドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)問題。日テレはスポンサーからも総スカンを食らい、完全降伏だ。

 自社のHPには制作局長の名前で、全国社会福祉協議会と全国児童養護施設協議会に宛てた“謝罪文”を掲載。「事前に児童養護施設を取り巻く環境などの実情を詳細に伺い、表現上留意すべき点などをより慎重に確認しておく必要があったと認識しております」と取材の甘さも認めた。

 渦中の今月5日に放送された第4話は視聴率13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。前回から1.9ポイントの微減だったが、単発CMも姿を消し、すべてACという異常事態が続いている。物語の過激度合いもトーンダウン。施設長が子供たちに暴力を振るうシーンや、ペット扱いするようなあけすけな暴言はなくなった。脚本家・野島伸司氏の代表作のひとつ、「高校教師」の映画版でヒロインを演じた遠山景織子(38)がゲストで出演。申し子が見せ場をつくったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る