日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「年商4億円」デザイナーと結婚 安田美沙子の“玉の輿度”

「いいタイミングで結婚したよなあ」と、アパレル業界関係者は感心することしきりである。
 14日に入籍したタレントの安田美沙子(31)とファッションデザイナーの下鳥直之氏(34)。下鳥氏のブランド「VICTIM」は年商4億円とも。安田は“玉の輿”なんていわれているが、そう単純な話でもなさそうなのだ。

「栄枯盛衰が激しい業界で、10年以上も続いているVICTIMは大したものですが、ここ数年は人気にかげりが出てきたともっぱらです。08年に原宿に直営店をオープンさせた時がピークだったんじゃないですか」(業界紙記者)

「4億円」はそのピーク時の年商で、「じわじわと売り上げを下げ、今は3億円台」(民間調査会社関係者)らしい。

「VICTIMは流行を取り入れながら、それをモディファイ(一部を修正)するのがうまいだけで、デザインに独創性があるわけじゃない。あくまで20代向けで、大人になっても買い続けるブランドではないので、常に若い顧客を開拓し続ける必要がある。そのためにはファッション誌に露出し続けないといけない。ですが、最近はだいぶ人気も落ち着き、だんだん見かけなくなっていますね」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事