「年商4億円」デザイナーと結婚 安田美沙子の“玉の輿度”

公開日:  更新日:

「いいタイミングで結婚したよなあ」と、アパレル業界関係者は感心することしきりである。
 14日に入籍したタレントの安田美沙子(31)とファッションデザイナーの下鳥直之氏(34)。下鳥氏のブランド「VICTIM」は年商4億円とも。安田は“玉の輿”なんていわれているが、そう単純な話でもなさそうなのだ。

「栄枯盛衰が激しい業界で、10年以上も続いているVICTIMは大したものですが、ここ数年は人気にかげりが出てきたともっぱらです。08年に原宿に直営店をオープンさせた時がピークだったんじゃないですか」(業界紙記者)

「4億円」はそのピーク時の年商で、「じわじわと売り上げを下げ、今は3億円台」(民間調査会社関係者)らしい。

「VICTIMは流行を取り入れながら、それをモディファイ(一部を修正)するのがうまいだけで、デザインに独創性があるわけじゃない。あくまで20代向けで、大人になっても買い続けるブランドではないので、常に若い顧客を開拓し続ける必要がある。そのためにはファッション誌に露出し続けないといけない。ですが、最近はだいぶ人気も落ち着き、だんだん見かけなくなっていますね」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る