• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辻&中山“中性化離婚騒動”に和田アキ子「私はどうなんねん」

 9日、リーブ21「第14回発毛日本一コンテスト」が開かれ、イメージキャラクターの和田アキ子(63)がゲスト出演した。

 このイベント中は、STAP細胞の論文問題で小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が記者会見の真っ最中。和田は「みなさんが聞きたいはずの小保方晴子さんの会見は私も非常に興味があったんだけど、このお仕事でテレビが見られなかったから、よく分からないの」と前置き。すると、報道陣からは「芸能界のほかの話題で、何か話してください」とムチャブリ。しかし、そこはさすが芸能界のご意見番。中山美穂(44)と辻仁成(54)が離婚問題に発展した原因のひとつとされる“中性化”についてほえた。

「夫が中性的になったというのが離婚の理由なら、私も45年前にデビューしたときから今まで男扱いされてきてるんやで。中性的な外見が問題なら、私はどうなんねん。デビューしてすぐに男扱いされて、ついには巨人と言われるようになった。そっちの方がおかしいやろ。これでもうちはダンナとうまくいっていますよ」

 辻と中山は、すでに男女の性を超越した和田の言葉をどう聞くのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る