日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辻&中山“中性化離婚騒動”に和田アキ子「私はどうなんねん」

 9日、リーブ21「第14回発毛日本一コンテスト」が開かれ、イメージキャラクターの和田アキ子(63)がゲスト出演した。

 このイベント中は、STAP細胞の論文問題で小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が記者会見の真っ最中。和田は「みなさんが聞きたいはずの小保方晴子さんの会見は私も非常に興味があったんだけど、このお仕事でテレビが見られなかったから、よく分からないの」と前置き。すると、報道陣からは「芸能界のほかの話題で、何か話してください」とムチャブリ。しかし、そこはさすが芸能界のご意見番。中山美穂(44)と辻仁成(54)が離婚問題に発展した原因のひとつとされる“中性化”についてほえた。

「夫が中性的になったというのが離婚の理由なら、私も45年前にデビューしたときから今まで男扱いされてきてるんやで。中性的な外見が問題なら、私はどうなんねん。デビューしてすぐに男扱いされて、ついには巨人と言われるようになった。そっちの方がおかしいやろ。これでもうちはダンナとうまくいっていますよ」

 辻と中山は、すでに男女の性を超越した和田の言葉をどう聞くのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事