辻&中山“中性化離婚騒動”に和田アキ子「私はどうなんねん」

公開日: 更新日:

 9日、リーブ21「第14回発毛日本一コンテスト」が開かれ、イメージキャラクターの和田アキ子(63)がゲスト出演した。

 このイベント中は、STAP細胞の論文問題で小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が記者会見の真っ最中。和田は「みなさんが聞きたいはずの小保方晴子さんの会見は私も非常に興味があったんだけど、このお仕事でテレビが見られなかったから、よく分からないの」と前置き。すると、報道陣からは「芸能界のほかの話題で、何か話してください」とムチャブリ。しかし、そこはさすが芸能界のご意見番。中山美穂(44)と辻仁成(54)が離婚問題に発展した原因のひとつとされる“中性化”についてほえた。

「夫が中性的になったというのが離婚の理由なら、私も45年前にデビューしたときから今まで男扱いされてきてるんやで。中性的な外見が問題なら、私はどうなんねん。デビューしてすぐに男扱いされて、ついには巨人と言われるようになった。そっちの方がおかしいやろ。これでもうちはダンナとうまくいっていますよ」

 辻と中山は、すでに男女の性を超越した和田の言葉をどう聞くのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る