主演でシングルマザー役も…中山美穂を悩ませる“親権問題”

公開日:  更新日:

 女優の中山美穂(44)は、歌手で作家の夫、辻仁成(54)との離婚準備を着々と進めているようだ。

 5月25日にスタートする野島伸司オリジナル脚本のドラマ「プラトニック」(NHK・BSプレミアム)で主演を務めるそうだが、中山の役どころは“シングルマザー”。まるで未来を暗示するかのようだ。

 心臓疾患を抱える娘のために生きてきた女性が年下の青年と恋に落ちるというストーリーで、中山は「人は経験から状況に応じて生きていくのだと思うのですが……」なんて“意味深”なコメントを述べていた。

 まあ、今回のドラマをきっかけに、女優、歌手の仕事へ本格復帰しようというのだろう。しかしその前に、中山には大きな難題がある。

 発売中の女性自身によると、夫の辻は「子供のためにも僕たちは別れないほうがいい」と説得を試みていたが、中山の決意は固い。それで辻は、「離婚しても息子は僕が育てる」と主張し始めたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る