「平成の吉永小百合」に “愛され女優”菅野美穂の庶民力

公開日:  更新日:

 ハイボールのCMがおしまいになったと思いきや、今度は住宅メーカーだ。三井ホームの新イメージキャラクターに就任した菅野美穂(36)が17日、同社40周年のCM発表会に登場した。

「ヨガが好きなので、家にヨガルームがあったらと思ったことはあります。ぬくもりのある空間は健康にもつながる。友達を招きたくなるような家づくりがしたいですね」

 昨年4月、堺雅人(41)と結婚した新妻・菅野が明かした理想の住まい像。「住む人の誇りをカタチにする。それが私たちの誇り。」という同社の理念に共感したとも話し、マイホームを建てる際は「三井ホームさんでお願いしたい。ぜひ相談に乗ってください!」と社長に直談判。トークでは素直な感想を挟み、終始、気取らない人柄を感じさせる会見であった。

 三井ホームのCMといえば、長らく吉永小百合(69)が務めてきた。1983年から15年間、その後も何度と再起用され、つい1年前まで出演。そんな国民的大女優に代わり、同社の新しい顔に菅野が起用されたのは、「知名度・人気・実力ともにトップクラスであり、今最も輝いている女優のひとり。性別や年代を問わず、幅広い層から共感と支持を得ているからです」(「三井ホーム」広報担当者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る