COWCOW「あたりまえ体操」大ヒットで加速する吉本の世界進出

公開日: 更新日:

 世界でブレークする前は、国内で大ブームに。12年に発売されたDVD発売イベントには2000人の親子が集結し、売り上げは7万枚を突破した。所属先の吉本興業は笑いが止まらないだろう。

「吉本は11年から『あなたの街に住みますプロジェクト』という地域密着型の企画を始めた。47都道府県に芸人や落語家を派遣し、各地の観光名所や特産品をPRするというもので、大阪や東京に固執せず、地方に目を向けるようになりました。今回のCOWCOWの『あたりまえ体操』の動画は、それを世界にまで広げた成功例。インドネシア語バージョンの制作は吉本の提案から実現しています。吉本は『翻訳して作っておくから』とCOWCOWに海外バージョンの制作を提案。すると、トントン拍子にアクセス数が伸び、英語、韓国語、フランス語バージョンにまで手を広げた。これからは他のタレントを使った事業でも世界進出が加速するでしょう」(芸能関係者)

 ロンドン五輪開会式のトリで「ヘイ・ジュード」を披露した「ポール・マッカートニーの位置であたりまえ体操をやりたい」という多田。これだけグローバルな活動をしていれば、いずれは実現するかも?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る