同期は挫折も…吉本興業「中卒15歳社員」は電話番修行中

公開日:  更新日:

 就職活動シーズン真っただ中。街ではリクルートスーツの「就活生」が目立つようになってきた。4月になれば、新社会人も入社してくるが、昨年、話題になったのが吉本興業の中学・高校卒社員採用だ。実際、昨年4月には中卒4人、高卒6人が「笑いの総合商社」の門をくぐった。彼らは今どうしているのか。

「中卒社員4人のうち、3人がすでに退職。挫折や家庭の事情などが理由だとか。唯一の“生き残り”は、入社式で代表挨拶を務めた稲中未来さんです」(吉本関係者)

 入社式の記念撮影では大崎社長の隣で終始笑顔を見せていた稲中さん。「マネジャーになるのが小学4年生からの夢」と語っていたカノジョは今、研修期間を経て「札幌吉本」に所属。日刊ゲンダイ本紙が電話で問い合わせてみると…。

■憧れの「ノンスタイル」からも激励が

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る