COWCOW「あたりまえ体操」大ヒットで加速する吉本の世界進出

公開日:  更新日:

「フォロワーの3割がインドネシアの人」

「2020年までに世界共通の体操にして、東京五輪の開会式でやりたい」
 壮大すぎる夢を語ったのは「あたりまえ体操」でブレークを果たした「COWCOW」。インドネシアでは、昨年10月に公開された「あたりまえ体操 インドネシアバージョン」がYouTubeで再生回数450万回を突破した。

 13日にガルーダ・インドネシア航空のメディア懇親会に登場すると、インドネシアでの人気ぶりに多田健二(39)は「日本でいったら『およげ!たいやきくん』と同じくらいのヒットらしい。『インドネシアのおよげ!たいやきくん』と言っても過言ではない」と自画自賛。善し(39)も「ツイッターのフォロワーの3割くらいはインドネシアの方。内容は全然分からないんで、とりあえず『テリマカシー』(ありがとうの意)と返してます」と反響の大きさを感じていた。

 2人はインドネシアに足を運び、現地のテレビ番組やイベントにも出演。すでにフランス、アメリカ、中国、韓国にも“巡業”しており、今年はイギリスにも行く予定だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る