日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

COWCOW「あたりまえ体操」大ヒットで加速する吉本の世界進出

「フォロワーの3割がインドネシアの人」

「2020年までに世界共通の体操にして、東京五輪の開会式でやりたい」
 壮大すぎる夢を語ったのは「あたりまえ体操」でブレークを果たした「COWCOW」。インドネシアでは、昨年10月に公開された「あたりまえ体操 インドネシアバージョン」がYouTubeで再生回数450万回を突破した。

 13日にガルーダ・インドネシア航空のメディア懇親会に登場すると、インドネシアでの人気ぶりに多田健二(39)は「日本でいったら『およげ!たいやきくん』と同じくらいのヒットらしい。『インドネシアのおよげ!たいやきくん』と言っても過言ではない」と自画自賛。善し(39)も「ツイッターのフォロワーの3割くらいはインドネシアの方。内容は全然分からないんで、とりあえず『テリマカシー』(ありがとうの意)と返してます」と反響の大きさを感じていた。

 2人はインドネシアに足を運び、現地のテレビ番組やイベントにも出演。すでにフランス、アメリカ、中国、韓国にも“巡業”しており、今年はイギリスにも行く予定だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事