ウディ・アレン最新作「ブルージャスミン」に“大傑作”の声

公開日:  更新日:

 今年で79歳、勇退のカウントダウンに入ったと思いきや、さにあらず。ウディ・アレン監督の最新作「ブルージャスミン」が異例のヒットを飛ばしている。

「10日の公開から興行収入はすでに1億円近く。公開初週にはトップ10にランクインするなど、ウディ・アレンの作品としては珍しい動きを見せています。主演のケイト・ブランシェットがアカデミー主演女優賞を獲得した話題性に加え、ここ最近、単館系の作品は上質なものが多く、観客の注目度が高まっているのも追い風になっているのではないか」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)

 今作は久しぶりに米国が舞台。ケイト・ブランシェット(45)演じる“イタイ女”を中心に描く。ニューヨークでのセレブな結婚生活が破綻し、財産を失いスッカラカンになった女が、血のつながらない妹のもとに身を寄せるというストーリー。現実を受け入れられないヒロインの姿は痛々しい限り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る