「いいとも」でMrレディー 一ノ瀬やす子さんは有名店ママ

公開日:  更新日:

銀座のクラブでアルバイトした過去も

「笑っていいとも!」に続いた「バイキング」が目を覆うばかりの低視聴率にあえいでいるとか。ところで、「笑っていいとも!」の名物コーナーだった「 Mr. レディー& Mr. タモキンの輪」は88年10月から翌年9月まで放送され、そこから誕生した人気者が一ノ瀬やす子さんだ。今どうしているのか。

「いらっしゃ~い。もう少しでショータイムの第1部が始まるの。まずはごゆっくり楽しんでからにしましょ」
 JR立川駅南口から3分。ショーパブ「杏門」を訪ねると、一ノ瀬さんに迎えられた。彼女は69坪、約100席ある同店のママなのだ。

 19時半。ハイテンションな音楽とともにショーが開演。凝ったデザインのコスチュームをまとったダンサーが約40分間にわたって派手なステージを繰り広げた。
「今回の演目は東日本大震災でもお披露目しようと思って、『愛と絆』をテーマにしてるの。衣装がスゴい? あら、うれしい。きょう使った120着のうち116着はワタシが縫ったのよ。東京モード学園ファッションデザイン学科を卒業したかいがあるわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る